CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
facebook page
セキュリティー認証
セキュリティーアクション
事業継続力強化
MOBILE
qrcode
ジュラルミンとは
0

    おはようございます。

    溶接管理技術者の上村昌也です。

     

    ジュラルミン(A2017)溶接技術

    工法


    直径100mm高さ125mmの材料に削り出されたジュラルミンを
    横方向からΦ25mmの丸棒を接合する工法です。
    こちらは昨年9月にご注文頂きました製作品のリピート注文です。

    溶接法


    要領は次のとおりです。
    材料を充分に洗浄後、予熱を200℃に設定し母材を
    温めて行きます。目標温度に到達すれば、ターンテーブルにて回転
    させながら溶接を進めて行きます。

    ここで注意したいのがジュラルミンは溶込みが若干浅い性質なので
    タック溶接が確実に接合されているか欠陥のないことを注意深く
    確認しなければなりません。

    いよいよ本溶接です。適正なパラメーターを決め溶接します。
    溶接か完了したら母材が完全に冷めるまで時間を置きます。
    溶接欠陥が無い事を目視試験にて確認し試験合格です。
     

    溶接パラメーター

    【参考値】
    溶接電源 Panasonic YC300-BP4交流
    溶接電流 130A
    タングステン 純タングステン3.2mm
    シールドガス  He+Ar
    溶加棒 A2319BY 2.4mm
    余熱 有り200℃
     

    まとめ

    前回に引き続きご依頼を承りました。
    リピート注文を頂けるのは仕事への評価と認識しています。
    引き続き欠陥のない溶接品を製作していきます。

     

     

    A2017-BS10-min.png

     

     

    A2017-BS11-min.png

     

     

    A2017-BS12-min.png

     

     

    A2017-BS13-min.png

     

     

     

     

    これからも面倒でやっかいな手間の掛かる板金構造物で
    お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
    お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

     

    このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

     

    ジュラルミン溶接のしかた

     

    _____________________________________________________

     

    【アルミ、ジュラルミン、チタンの溶接に関するご相談は】

    アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

    きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

    お問合せはホームページから出来ますので

    よろしくお願い致します。

     

    JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

    JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

    させて頂きます。

    専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

     

    株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

     

    株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

    アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://a2024t4.com/

    溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

     

    Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved

    著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

    ______________________________________________________

     

    ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

     

    製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

    溶接管理技術者はてぶ
    | アルミ溶接 | 10:46 | comments(0) | - |
    GSX-1100Sアルミ溶接技術(タンク補修編)
    0

      おはようございます。

      溶接管理技術者の上村昌也です。

       

       

      バイク用アルミ製燃料タンク

      溶接技術のご案内です。

       

      ネットからのご依頼でオートバイアルミ製燃料タンクの

      改修作業を致しました。

       

      材料

       

      アルミ製 詳しくは不詳

      工法

       

      ・Tig溶接

      溶接パラメーター

       

      電源装置:Panasonic YC-300BP4 交流
      溶接電流: 110A
      交流周波数:200Hz
      溶加棒: A5356BY φ1.6,
      電極: 純タングステン
      シールドガス : Ar
      予熱 : NA

      まとめ

       

       

      ネットからのご依頼をいただきました。
      GSX-1100Sの特注アルミ製燃料タンクを改修いたしました。

       

       

      フレームに取り付けるタンクのステーが、割れていたので
      アルミ板で補強し、全周溶接をしました。

      普段は塗装品を取り扱う事がないのですが、今回は特別対応

      させて頂きました。

       

       

      私の20代に発売されたオートバイで、斬新なデザインで注目が
      されたオートバイでした。しかしながら、昭和50年10月の

      道路法改正で小型、中型、大型と3段階に区切られ、

      特に大型免許は都道府県の運転免許試験場でしか

      取得できませんでした。
       

       

      これが大変な事でして、ほとんどのライダーは中型免許取得が

      やっとの事でした。大型の試験に何十回もチャレンジして

      取得して方もいらっしゃいました。
       

       

      そんな事でKATANAが発表されたのは、道路法改正後の5年後

      1980年でした。
      日本での発売は少し後の1982年で規制の関係で750ccでの

      発売でした。
       

       

      日本仕様はターゲットデザインが描いた形状とは少し違い、

      これも日本の規制でハンドル形状が、オリジナルのかっこいい

      セパハンではなく『耕運機』と呼ばれる
      とんでもないおかしな形状のハンドルでした。
       

       

      皆がそんなハンドルは嫌なもんだから、オリジナルの海外仕様に

      改造しました。そこで、お上が違反改造車両を目の敵に摘発し

      『刀狩り』と恐れられたものです。
      当時を思うと今は自由で大らかになりました。

       

       

      現在、この中古車が人気があるのは、当時乗れなかった若者が、
      大型免許証の取得が容易なり、当時憧れていた方の需要が

      あるからです。
      RS(Z2),Z1も同じ事ですね。

       

       

      GSX-ALT01.pngGSX-ALT02.pngGSX-ALT03.png

       

       

       

      これからもアルミ溶接を主体にした板金構造物で
      お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
      お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

       

       

       

       

       

      これからも面倒でやっかいな手間の掛かる板金構造物で
      お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
      お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

       

      このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

       

      世界初オートバイ用チタン製燃料タンク

       

      _____________________________________________________

       

      【アルミ、ジュラルミン、チタンの溶接に関するご相談は】

      アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

      きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

      お問合せはホームページから出来ますので

      よろしくお願い致します。

       

      JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

      JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

      させて頂きます。

      専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

       

      株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

       

      株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

      アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://a2024t4.com/

      溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

       

      Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved

      著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

      ______________________________________________________

       

      ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

       

      製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

      溶接管理技術者はてぶ
      | アルミ溶接 | 09:03 | comments(0) | - |
      アルミ溶接技術ブラケット編
      0

        おはようございます。

        溶接管理技術者の上村昌也です。

         

        今日はアルミ溶接技術の

        ご案内です。

        材料支給にて加工屋さんからの特急依頼品です。
        前回2ヶ月前に加工しました物のリピート品です。

        1種類の4個の製作依頼で、歪みとりを重点的に時間をかけ
        後加工をスムーズに進めるようにご対応させて頂きました。

        材料

        ・A5052 T=15mm
        ・650×230×350

        工法

        ・Tig溶接

        溶接パラメーター

        電源装置:Panasonic YC-300BP4 交流
        溶接電流: 190A
        交流周波数:200Hz
        溶加棒: A5356BY φ2.4,3.2
        電極: 純タングステン
        シールドガス : He-Ar
        予熱 : 200℃

        まとめ

        大きなブランク材と小さな材料との組み合わせです。
        アルミは線膨張係数が24と、軟鋼12の2倍あるので、

        溶接変形がかなり起こります。


        よってその辺りを考えながら溶接組立をすれば、

        変形も抑えられるようにはなるのですが
        なかなか一筋縄ではいきません。

        溶接後、バイスやプレスを使って歪みとりを

        実施していきます。
        その際、製品に傷を付けないように進めて

        いくことが肝要です。

         

         

        これからもアルミ溶接を主体にした板金構造物で
        お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
        お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

         

        ALBL5052-03.png

         

         

        ALBL5052-02.png

         

         

        ALBL5052-01.png

         

         

         

         

         

         

        これからも面倒でやっかいな手間の掛かる板金構造物で
        お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
        お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

         

        このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

         

        デメラー3Dテーブルの凄さ!

         

        _____________________________________________________

         

        【アルミ、ジュラルミン、チタンの溶接に関するご相談は】

        アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

        きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

        お問合せはホームページから出来ますので

        よろしくお願い致します。

         

        JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

        JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

        させて頂きます。

        専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

         

        株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

         

        株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

        アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://a2024t4.com/

        溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

         

        Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved

        著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

        ______________________________________________________

         

        ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

         

        製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

        溶接管理技術者はてぶ
        | アルミ溶接 | 09:15 | comments(0) | - |
        A6061溶接のしかた
        0

          おはようございます。

          溶接管理技術者の上村昌也です。

           

          A6061

           

          あまり国内では溶接されていない

          熱処理合金A6061容器を製作しました。
          A6063よりも強度が高く、溶接性には

          非常に優れた金属です。

           

          材料

          A6061 t=15mm 550×650×185

          ミルシートを確認すると輸入材でした。

          国内メーカは展伸材では生産していない

          のでしょうか。

          溶接技法

           

          電源装置:Panasonic YC-300BP4 交流
          溶接電流: 200A
          交流周波数:200Hz
          溶加棒: A5356BY φ2.4,3.2
          電極: 純タングステン φ3.2
          シールドガス : He-Ar
          予熱 : 100℃

           

          まとめ

          今回もウェブサイトからのご依頼でした。

           

          A6061は弊社でも滅多に溶接することがない材質です。

           

          非常に珍しい種類です。従来は航空関係のお仕事で、

          切断及び曲げ加工の注文をこなしていますが、

          溶接を含めての製作は非常にレアなケースです。

           

          よって弊社ウェブサイトで、一部紹介させて

          いただいているページにアクセス頂き、

          ご注文に至りました。非常にありがたいお話です。


          今回の様にわずかな可能性でも、事例をご紹介できるのなら、
          しておいた方がいいですね。

           

          A6061は熱処理材でして、一般流通している材料としては、
          A6063がスタンダートです。


          型鋼、パイプなどが代表例です。

           

          6000系は溶接性が非常によく、湯流れも良いのでやりやすいです。
          ただJISハンドブックには、余熱は向かないと記載されています。
          やむえず行う場合は100℃をめどに行う事としされています。

           

          A6061-K01.png

           

           

          A6061-K02.png

           

           

           

           

           

          これからもアルミ溶接を主体にした板金構造物で
          お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
          お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

           

           

           

           

           

          これからも面倒でやっかいな手間の掛かる板金構造物で
          お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
          お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

           

          このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

           

          _____________________________________________________

           

          【アルミ、ジュラルミン、チタンの溶接に関するご相談は】

          アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

          きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

          お問合せはホームページから出来ますので

          よろしくお願い致します。

           

          JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

          JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

          させて頂きます。

          専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

           

          株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

           

          株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

          アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://a2024t4.com/

          溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

           

          Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved

          著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

          ______________________________________________________

           

          ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

           

          製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

          溶接管理技術者はてぶ
          | アルミ溶接 | 08:57 | comments(0) | - |
          3Dテーブルシステムで作るアルミフレーム
          0

            おはようございます。

            溶接管理技術者の上村昌也です。

             

            A5052 フレーム

             

            デメラー3Dテーブルシステムを使いアルミプレートを
            組上げフレーム状にしました。

            今回も機械加工屋さんからのリピート依頼品ですが、
            いつものように削り代を少なくするために、材料の厚みも
            極力増やさずにしました。

            材料

             

            前回通りA5052 t=30mm 450×350×650

             

            溶接技法

             

             

            電源装置:Panasonic YC-500WX4 交流
            溶接電流: 220A
            交流周波数:80Hz
            溶加棒: A5356BY φ2.4,3.2
            電極: 純タングステン φ4.0
            シールドガス : He-Ar
            予熱 : 200℃

            今回は500A機で作業しました。スペックに余裕がある為
            電源及びトーチ、タングステンに負担をかけないように
            配慮しました。やっぱり500A機は使っていて余裕が感じられます。
            安心して作業が進められます。

            まとめ

             

             

            デメラー3Dテーブルシステムを使っているので
            ことのほか精度よく組み立てることができます。


            本当にデメラー3Dテーブルシステムは重宝します。

            最重要課題である直角出しもほとんど影響なく
            組み上げることができました。

             

            だんだんと、余熱作業が苦痛になる季節になってきました。

             

             

            ALBK02-03-1.png

             

             

            ALBK02-03-.png

             

             

             

            ALBK02-03-3.png

             

             

             

            ALBK02-03-4.png

             

             

             

             

             

             

             

            これからも面倒でやっかいな手間の掛かる板金構造物で
            お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
            お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

             

            このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

             

            アルミ溶接

            _____________________________________________________

             

            【アルミ、ジュラルミン、チタンの溶接に関するご相談は】

            アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

            きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

            お問合せはホームページから出来ますので

            よろしくお願い致します。

             

            JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

            JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

            させて頂きます。

            専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

             

            株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

             

            株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

            アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://a2024t4.com/

            溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

             

            Copyright© 2020 Kamimura corporation All rights Reserved

            著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

            ______________________________________________________

             

            ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

             

            製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

            溶接管理技術者はてぶ
            | アルミ溶接 | 08:02 | comments(0) | - |
            | 1/11PAGES | >>