CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
twitter
facebook page
セキュリティー認証
セキュリティーアクション
事業継続力強化
MOBILE
qrcode
<< ダイネーゼ&ニューエラ『コラボキャップ』 | main | 国際ウエルディングショー2020 >>
チタン溶接品
0

    おはようございます。

    溶接管理技術者の上村昌也です。

     

    今日はチタン加工品のご案内です。

    先ずは、純チタンTP340 T=2.0mm をレーザにてカット。


    曲げ加工はTP340の機械的性質は
    引張強さ340〜510N/㎟ 0.2%耐力215N/㎟ 伸び23%以上
    SUS304 引張強さ520N/㎟ 0.2%耐力205N/㎟ 伸び40%以上

    SUS304 と比べても伸び率が違う程度でその他はさほど変わらないので
    曲げ加工も問題なく出来ますがチタンの方がスプリングバックが多いようです。

     

    上面にピンが10本溶接してあります。こちらのピンは加工屋さんに依頼しまして
    入手しています。寸法公差±0.1mmでピンを板に圧入して公差をクリアしています。
    また裏から溶接をしています。

     

    試作品からM3タップが追加されたので手間が増えましたが、計画通りの
    工程時間で製作できましたが、試作と違い量産は慣れていないので
    何かと手間取ることがたくさんありましたが、完成ができました。

     

     

     

     

    TP340-T2-07.png

     

     

     

    TP340-T2-06.png

     

     

     

    TP340-T2-05.png

     

     

    TP340-T2-04.png

     

     

    TP340-T2-03.png

     

     

    TP340-T2-02.png

     

     

    TP340-T2-01.png

     

     

     

     

    これからもアルミ溶接を主体にした板金構造物で
    お客様の"問題解決型ものづくり工場"として、
    お役に立ちます様に、技術研鑽を進めてまいります。

     

    このページの内容と合わせて、参考になるおすすめコンテンツ

     

    チタン溶接のしかた

     

    チタン溶接のしかたその2

     

    チタン溶接のしかたその3

     

     

    _____________________________________________________

     

    【アルミの溶接に関するご相談は】

    アルミの溶接部品、構造物を主に製作しています。

    きめ細かな丁寧なもの作りを心がけています。

    お問合せはホームページから出来ますので

    よろしくお願い致します。

     

    JIS Z 3811 アルミ溶接検定受検

    JIS Z 3410 溶接管理技術者1級,2級受験のお手伝いも

    させて頂きます。

    専門分野はTIG溶接です。(TIG GTAW)

     

    株式会社上村製作所 溶接管理技術者、アルミ溶接士 上村昌也

     

    株式会社上村製作所 ホームページ  https://www.kamimura.co.jp/

    アルミ溶接士 上村昌也 経営者ブログ http://kamimurakyoto.jugem.jp/

    溶接管理技術者  Facebook ページ  溶接管理技術者  twitter 

     

    Copyright© 2017 Kamimura corporation All rights Reserved

    著作権は株式会社上村製作所 上村昌也に帰属。無断転載禁止

    ______________________________________________________

     

    ランキング参加しています。クリックして応援お願いします!

     

    製造業人気ランキング にほんブログ村 経営ブログへ経営ブログ

    溶接管理技術者はてぶ
    | 溶接管理者経営ブログ | 09:22 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする